トップページ> ニュース > Finale関連情報

Finale PrintMusic2010リリース 2010/03/12

 2010年3月12日に、PrintMusic2010がリリースされる模様。

 PrintMusic2010Finale2010のライト版という位置づけで、価格も一万円強と入門用としては手頃。

 2010の新機能は以下の通り。大掛かりな進化はないようだが、より使い易くなったという感じだ。

  • パーカッション入力が簡単になった
  • リハーサルマークの自動化
  • コード入力機能が向上
  • ハンドルが透明になり、編集がしやすく
  • 楽譜内に画像を埋め込むことができるようになった
  • 手書き風フォント「BroadwayCopyist」が追加
  • スキャン入力の機能がアップ

 PrintMusicの機能は、趣味レベルの簡単な楽譜を作りたいということなら充分なレベル。ただ、凝ったことをしようとするとやはり上位版のFinaleが必要になってくるようだ。私は、ピアノ譜の作成を試しにやってみたのだが、ピアノ譜で頻出する「上下の五線にまたがった連桁」はFinaleでないと作成自体ができない。

 PrintMusic→Finaleへはグレードアップ(イーフロストアにて可能)のパスも用意されているので、まずはPrintMusicで試してみて、だめだったらFinaleに移行するのもいいだろう。

 

関連:


PrintMusicは楽譜の浄書ソフト、Finaleのライト版。スキャナからの楽譜取り込み、浄書(楽譜の清書&印刷)、MIDI再生・出力ができるソフトだ。プロが使うさまざまな楽譜に対応するにはFinaleが必要になってくるが、趣味レベル・入門レベルなら充分な機能を備えている。PrintMusicからFinaleへのグレードアップも可能なので、PrintMusicでやりたい事ができるかどうか試してみて、物足りなければFinaleに移行する、という人も多いようだ。
トップページ> ニュース > Finale関連情報 もくじ